<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.05.17

ひび割れしづらい基礎

 基礎のひび割れの原因は、コンクリート中に含まれるセメントと反応しない水(遊離水)とセメントが抱え込んだ水(ゲル水)の蒸発により乾燥収縮によるひび割れです。

 当社では、①水分の少ないコンクリートで施工します。作業はしづらくしっかりと直接振動を与えきちんと施工する必要があるため、職人さん達の人数も必要です。


②コンクリートの急激な乾燥を防ぐため基礎に散水をしています。
水の蒸発と直接日光を遮るため温度の上昇を防ぐためシートを掛けます。
耐久性の高いコンクリートを作るためには散水とシート養生は不可欠です。

完成してしまえば、見えないのですが、手間を掛ける事で強固な基礎造りをしています。


高崎市倉賀野町の現場の様子です。
基礎工事を担当して頂いている善養寺さん。
日陰が無く、夏は炎天下での作業。
冬は北風がきつい状況で作業をして頂いている職人さん達に感謝です。

asano