気持ちよく仕事をしてもらう

2018.08.30

私達が住宅を造る上で重要なのが協力業者さんの存在です。

 

 

一般的には下請けと呼び、元請である業者は高飛車な態度で下請けに仕事を依頼します。

 

 

しかし、私達は協力業者さんと呼び、同じ目線で協力業者さんへ仕事をお願いしています。

 

 

そして、気持ちよく仕事ができる環境を作り協力業者さんができるだけ利益が確保できる段取りをしています。

 

 

時には私達の段取りの不備により迷惑をかける事もありますが、基本的には協力業者さんが安全でスムーズに仕事が進むような手配や段取りを行っています。

 

 

なぜこのようなスタイルになったのか?

 

 

私も約25年前は下請けの大工だった時期もあり、下請けの厳しさや気持ちがよくわかるからなのです・・・

 

 

元請の高圧的で傲慢な態度に私は賛同する事ができませんでした。

 

 

私はこの時期に「自分が元請になったら協力業者さんと呼び歩調を合わせ謙虚な気持ちで接しよう!」と考えていたのです・・・

 

 

人類皆兄弟!と考えれば仕事場の上下関係など存在しません!

 

 

創業から今までずっと私達の仕事をしてくれる協力業者さんも存在します。

 

 

こうした協力業者さんのお蔭で私達が飯を食えていると言っても過言ではありません・・・