外壁材の選択

2018.10.8

住宅の外壁材にはいくつかの選択肢があります。

レンガやタイル、モルタル塗り+ジョリパットなどの塗り壁、サイディングなどが選択きます。

レンガやタイルは耐久性がありますが、価格的に高額になるので選択できるケースはごくわずかです。

モルタル塗り+塗り壁で仕上げるケースは、価格的にも選択しやすくメンテナンスの時期も長期になるのでお勧めです。

サイデイングの場合は、サイディング自体には耐久性がありますが、ジョイント部分のコーキングの耐久性が約10年程度なので注意が必要です。

場合によっては、10年でコーキングが切れて漏水するケースもあるのでコーキングレスのサイデイングがお勧めです。

モルタル塗り+塗り壁を選択する際も注意が必要です。

それは、ヒビが入りにくいモルタルを選択しヒビが入りにくい下地を作る事です。

これは一見簡単そうですが、一般的な施工方法ではヒビが入りやすくなってしまいます・・・

私達は、約20年の経験を生かしヒビの入りにくいモルタル下地・モルタル塗り・ジョリパット仕上げで施工しています。

完成すれば見えなくなってしまう下地などが実は重要だったりするのです・・・

仕上げの塗り壁材も同じ商品名でもヒビが入りにくい商品が存在します。

私達が採用している塗り壁の仕上げ材は弾性のタイプでありヒビが入りにくい商品です。