時代のテーマは常にある

2018.10.26

その時代にはその時代のテーマがあります。

例えば日本が高度成長期の頃は、冷蔵庫や洗濯機などの家電が飛ぶように売れ、マイカーを所有する家庭も急増し自動車の販売も盛んになりました。

バブル期は、高級な商品やブランド品が注目され、日本全体が浮足立った状態でした。

バブル崩壊後は、失われた20年とも言われる氷河期のような不景気に突入し、夢を持たない若者が多く存在した時代もあり現在に至っています。

では、これからの日本はどのようなテーマに沿って進むのか?という問題があります。

私が予想するのは、ズバリ健康です!

日本は少子高齢化でありながら長寿の国でもあり、今後更なる長寿国を目指すと考えています。

国民の多くが高齢者という時代に突入しますが、国民の一番の関心は自分の生命であり、健康である事は間違いありません。

高級な商品や電化製品、車などは必要な人が必要な分だけ所有し、人々の関心は健康にフォーカスすると考えています。

②へ続く・・・・