断熱・気密・換気にこだわる理由

2018.10.18

オカケンホームは、住宅の断熱・気密・換気には徹底的にこだわります。

外壁面は内断熱+外断熱のダブル断熱、天井はセルロースファイバー300ミリを施工、開口部は樹脂サッシ+真空トリプルガラスを採用し、換気は第一種全熱交換型換気システムです。

県内でこのスペックを採用している建築会社は皆無です・・・

なぜでしょうか?

理由は、コストアップして受注が困難になるからです。

私達が住宅の性能にこだわるのには理由があります。

それは、住宅の性能は住み心地に直結するからなのです。

つまり、高性能住宅=住み心地の良い家になる訳です。

高性能住宅を造りたいからではなく、住み心地の良い家を造りたいから高性能住宅になるというのが正解です。

私は創業間もない頃から高性能住宅だけを建築してきました。

デザインでもなく、ローコストでもなく高性能住宅を選択したのです・・・

約20年前は、「高性能住宅?何だそれ?」の世界でした。

しかし、私は住み心地の良い住宅が未来のスタンダードになると信じ造り続けました。

そして現在、国でもゼロエネ住宅を推進したり、業界全体が高性能住宅を造るのが常識となったのです・・・

もしも私が20年後を視野に入れていなかったとしたら、今の家造りはなかったかもしれません。