過乾燥に注意する

2018.12.23

群馬の中央部で高気密・高断熱住宅を建築する時には注意する点があります。

 

 

群馬県の中央部は、北海道や新潟などと違い、雪があまり降らないので湿度が低くなります。

 

 

 

この低い湿度の空気が室内に入ると、更に低い湿度になってしまいます。

 

 

 

これが過乾燥の原因です。

 

 

 

高気密・高断熱住宅は室温をキープ出来るメリットがありますが、計画換気により室内の空気を換気する必要があります。

 

 

 

室内に湿気の発生する洗濯物や加湿器があれば問題ありませんが、室温を20℃前後にキープしようとすると、湿度が40%を切る事もあります。

 

 

 

一般的な高性能住宅にはこうした問題が発生します。

 

 

 

しかし私達は、こうした問題点を解決すべく、第一種換気を採用し室内の湿気を排気する際、換気しながら室内へ戻しています。

 

 

また、浴室のお湯を夜間捨てずに風呂のふたを開けておくと、その蒸気が室内へ戻る仕組みにもなっています。

 

 

こうした対策でも乾燥する時もあるので、そのような時は室内に洗濯物を干したり、加湿器で対応するようアドバイスしています。

 

 

 

 

冬季の湿度は50%前後が良いとされています。

 

 

40%を切るような乾燥状態では、風邪などのウィルスが繁殖する恐れがあります。

 

 

健康的に暮らすには、室温の管理も重要ですが、湿度の管理も重要だと考えています。