これからの家造りのコンセプト

2019.01.3

私達の家造りのコンセプトは毎年異なります。

 

 

住宅の断熱性能を高め、少ないエネルギーで生活できる住宅を22年間造ってきました。

 

 

そして、太陽光発電システムによる売電が20年間可能な時期は住宅の屋根に10KW以上のパネルを設置した住宅をお勧めしました。

 

 

これから来る時代は売電が20年間出来ないので、売電をメインとせず、電気を①使う②蓄電する③余れば売電するという住宅を造ります。

 

 

太陽光発電システム+蓄電装置を備えた家造りが今後の新しいコンセプトになると考えています。

 

 

こうしたコンセプトを持つ同業他社も存在しますが、私達の造る住宅の性能は超省エネなので経済的に豊かに暮らせる家になります。

 

 

もちろん住み心地も同業他社では実現出来ない住み心地を確保します。

 

 

住み心地が良く、超省エネで経済的に豊かに暮らせる家が今後のコンセプトになります。

 

 

 

 

当社実験棟で住み心地も体感できます。

 

事前にご予約いただければ、日曜祭日、平日の夜間も対応出来ます。

 

お気軽にご予約下さい。