宣伝広告という薬!?

2018.11.5

企業は何らかの方法で自社を知らせる必要があります。

 

 

その方法は、タウン誌や新聞広告、WEB上の広告やホームページなど様々です。

 

 

 

大手企業になれば、スポーツ選手のスポンサーになったりTVコマーシャルも可能になり、多くの人に自社を知ってもらう事が出来ます。

 

 

 

では、地方の中小企業はどうでしょうか?

 

 

 

ホームページは各社あるものの、会社自体を何らかの方法で告知する必要がありますが、手法は限られているのが現実です。

 

 

 

一般的に思いつくのが、タウン誌への掲載です。

 

 

 

この手法は誰もが簡単に広告可能なのですが、こうした良薬も量を間違えると劇薬になります・・・

 

 

 

年に数回の告知なら少額の広告費で済みますが、広告の回数が多くなればなる程費用は高額になり、会社の費用負担が大きく増えてしまいます。

 

 

 

宣伝広告だけに限らず、展示場や展示施設も高額な経費がかかるので、会社運営の足かせになってしまうケースもあります。

 

 

 

私達は、出来るだけ宣伝広告をせず、展示場も持たず、営業マンも置かない会社です。

 

 

 

こうしたスタイルにする事で、受注にかかるコストを極限まで減らしています。

 

 

 

受注に係る経費がほとんどかからないので、建築コストも適正価格で提示出来でいるのも当社の特徴です。

 

 

 

受注に活用しているのは、アプリです。

 

 

アプリにかかる経費は、ほとんどゼロに近いレベルです。

 

 

施工させていただいたお客様からご紹介いただくケースも多く、営業の経費もかかりません・・・

 

 

無駄な経費を使うなら、今まで施工させていただいたお客様に還元する!

 

 

会社設立から1ミリも変わらない会社哲学です!

 

 

 

 

天変地異は続く

2018.11.5

今年は台風の数も多く豪雨の被害や地震も各地で起こりました。

こうした天災は避ける事が出来ないので、天災に対する対策を講じるしかありません。

例えば、地震に対しては耐震性の高い構造の住宅を造る事で対応できますし、豪雨に対しては雨仕舞をしっかり行う事も必要です。

また、基礎の土間と立ち上がりの間から雨水が侵入するのを防ぐ為に土間と立ち上がりの一体打ちのコンクリートを施工する必要もあります。

こうした対策は一見簡単なようですが、いざ天災が起こってみないと問題点が見えません

私達は、このような天災や予想も出来ない台風や地震に対して対応できる住宅を建築しています。

建築基準法をギリギリでクリアするような筋違いの数では問題があります。

バランスよく筋違いを配置して、出来るだけ多くの筋違いを配置する必要があります。

こうした筋違の配置は耐震性上重要であり、机上の理論だけでなく現場の経験も必要です。

私を含め社長や社員の全てが現場経験者であるのも当社の特徴です。

 

 

住宅ローンが20年で終わると・・・

2018.11.5

住宅ローンの返済期間は自身で選択できますが、現在ほとんどの方が35年の返済期間を選択しています。

 

仮に30歳で住宅ローンを組んだ場合、完済する時は65歳になります。

 

しかし、20年で完済する方法があるとすれば、50歳で完済できるという事になります・・・

 

でも、そんな上手い話は本当にあるのでしょうか?

 

答えはYES!です

 

太陽光発電システムの売電収入を20年間繰り上げ返済すれば、不可能ではありません。

 

人間50歳の時は、子供が大学進学などで一番お金がかかる時期でもあります。

 

こうした時期に住宅ローンがなければ・・・

 

30歳の時にどんな住宅を造るか?よって、経済的に豊かに暮らせる方法も存在します。

 

聞くは一時の・・・ではありませんが、私は一人でも多くの方に経済的に豊かに暮らして欲しいと考える建築人でもあるのです。