時代のテーマは常にある③

2018.10.28

そろそろこのネタも飽きた頃かと思いますが、これからが本題ですのでお付き合い下さい。

前回は健康と食事についてお話しましたが、衣・食・住という言葉があるように食の次は、住(すまい)です。

私達は住宅を専門で建築する集団であり、人間が休息をとる空間を造ります。

この住宅には様々な工法や構造があり、どのような住宅を造ったらよいか?という問題は、プロでさえ間違えてしまう程難しいのが現実です。

しかし、私は難しく考えるタイプではないので、超簡単に答えを導き出します。

人間=生きる=長寿=健康=高性能住宅

という簡単なキーワードから健康住宅のみをご提案しています。

見た目がどうの、メーカーのブランドがどうのなどど講釈をたれていても、長生き出来なければ、そんな住宅はただの箱でしかないのです・・・

命あっての住宅であり、長生きできる住宅こそが本物の住宅の姿であると考えています。

本気で長生きできる住宅を造っています。

住環境で寿命も変わります・・・

ヒートショックによる脳卒中や心筋梗塞と無縁の住宅を造ります。

住宅建築をする時期は人それぞれですが、大半は30代~40代かと思います。

この年齢では、「長生きできる家?何だそれ?」の世界ですが、50を過ぎた頃から自分の余命について考え始めるのが現実です。

自分が20年歳をとった時の事を予測して住宅を建築すれば、家造りで成功できるかもしれません・・・