床下暖房の普及

2018.10.31

最近同業他社で床下暖房を取り入れる会社が増え始めています。

床下にエアコンを設置して冬季に暖房する床暖房ではない暖房の方法です。

なぜ、最近増えているのでしょうか?

その理由は、一般的な住宅は1階の床板が冷たく感じるからなのかもしれません。

どんなに高断熱化しても、第三種換気システムを採用している住宅は屋外の空気が直接室内に入ってしまいます。

屋外の冷たい空気が室内へ入ると、下降気流により床付近に冷気が集まります。

こうした現象により床が冷たく感じるので、床下暖房を採用していると予想しています。

しかし、このような考え方で床板が冷たいという問題は解決できるのでしょうか?

答えはNOです・・・

小手先の暖房では根本的に解決せず、「冷たくはなくなったけど・・・」といった具合しか改善されません。

では、どのようにしたらこうした問題は解決できるのでしょうか?

答えは簡単です!

次回お答えします。