現在進行形である!?

2018.08.31

人は未来の夢に向かって日々生きています。

①3年後に夢のマイホームを建築するぞ!

②10年後は会社を軌道に乗せて安定した会社にしたい!

③定年退職したら夫婦で旅行に行くぞ!

確かにこうした希望や夢を持つ事は人が生きる上で非常に重要です。

しかし、人生は現在進行形であり、自分の意志だけで将来を意のままの出来る訳ではありません。

例えば、①のケース

住宅建築する夢は問題ありませんが、自分がその費用を捻出できるか?という問題をクリアしなければなりません。

銀行などへ住宅ローンの申し込みをして、自分がいくらまで借入出来るか?を確認する必要があります。

場合によっては、マイカーローンの遅延などの理由によって住宅ローンを組めないケースもあるのです・・・

②のケースでは

会社経営者なら誰でも安定した経営を目指しますが、離職率が高かったり社内で不正が多い会社では問題です・・・

目標を高く設定するのは問題ではありませんが、足元を見直して地道に会社経営の根本から変える必要もあります。

③のケースでは

確かに老後は時間的余裕が出来ますが、夫婦の仲が悪い場合は旅行どころではありません・・・

まず、今の夫婦関係の改善が必要なのかもしれません。

つまり、将来の夢や希望も重要ですが、人生は現在進行形であり、今の延長が未来につながっています。

今とかけ離れた理想をいくら掲げても、思い通りにはならないのが現実です。

私は綺麗ごとや偉そうな事を言う人種ではありませんが、自分自身にもこうした理論を使って未来の自分象をイメージしています。

今出来る事は何か?

それは、将来どう変化するか?

そして、理想の人生は本当に実現出来るか?

私は、日々の積み重ねと独自の理論と実現できる未来が楽しみである人種でもあるのです・・・