快適という不変の価値観

2018.12.19

住宅を造る上で重要なのが、何をコンセプトにするか?です。

 

 

生活の便利さを高め、使い勝手をコンセプトにするのか?

 

 

豪華さや広さをコンセプトにするのか?

 

 

外観や内装を重要視したコンセプトにするのか?

 

 

省エネ性や住み心地をコンセプトにするのか?

 

 

など、人々の考えは様々です。

 

 

しかし、一体何の為に住宅を造るのか?という素朴な疑問を解いていくと・・・

 

 

家族の幸せの為というキーワードが出てくる方が大半だと思います。

 

 

家族の幸せ=家族の笑顔=家族の健康=健康で暮らせる家

 

 

となり、快適にストレスなく暮らせる家=家族の幸せという考え方になります。

 

 

つまり、快適という価値観は不変であり、いつまでも続きます。

 

 

そこに住み続ける限り不変である快適という価値観をコンセプトにするのも良いかもしれません・・・

 

 

 

どんなに豪華で広い住宅を建築しても家族が離散したり揉めているのでは意味がありません。

 

 

もう一度「何の為に家を造るのか?」を考える必要もあるのです・・・