室内の暖かさには質がある!?

2018.12.22

冬になれば、室内の温度が低下するので暖房器具を利用して温度を上げます。

 

 

暖房器具にも様々あり、エアコンや石油ストーブ、オイルヒーターなどがあります。

 

 

こうした暖房器具は室内の空気を暖めるので、暖かい空気は上昇し冷たい空気は下降します。

 

 

つまり、頭は熱いのに足元はヒンヤリ・・・という状況になってしまいます。

 

 

そこで昔ながらのコタツが登場する訳です。

 

 

私達が造る住宅は上記のように室内の空気を暖める方法ではなく、床下を暖房して床・壁・天井を暖める輻射式暖房です。

 

 

室内の内装材を暖める事で6面から暖かく感じ室内の上下の温度差がほとんどありません。

 

 

つまり、コタツが不要な家なのです。

 

 

足元が寒く感じなければ、室温をそれ程上げなくても暖かく感じるのが人の体感温度です。

 

 

床下で暖められた空気は、壁の間を上昇し2階の床下・壁・天井まで移動する仕組みになっています。

 

 

 

一般的な住宅と室温が同じでも、暖かさの質が違う住宅を造るのも当社の特徴です。

 

 

リビングの天井が高くても足元がヒンヤリする事はありません。

 

 

 

玄関とリビングの間に壁やドアがなくても寒く感じません。

 

 

「?????」

 

 

当社実験棟で体感出来ますので、この冬にご体感下さい。

 

 

体感希望の方は、事前にご予約をお願いします。