給料は自分で決め、ノルマもない!?

2019.01.16

私達の会社は少々変わっている所があります。

 

 

 

それは、社員全員自分の給料は自分が決めるのです・・・

 

 

 

「自分の給料を自分で決める???」

 

 

 

あまり聞いたことがないでしょうが、当社では年俸制を約20年前から取り入れています。

 

 

 

年俸制と聞くと、プロ野球選手の3割30本塁打で1億円!・・・そうです、自分自身で来年度の実績を提示して球団と交渉する、アレです。

 

 

 

当社の社員は全員、契約期間と希望する給与を社長に提示し交渉します。

 

 

 

交渉が成立すれば、300万円でも500万円でも1000万円でも給与をもらう権利があります。

 

 

 

 

契約期間も1年から10年まで選ぶ事が出来ます。

 

 

 

 

自分の収入を自分自身で決めるので、自分がやるべき事が明確になります。

 

 

 

 

会社に仕事をやらされるのではなく、自分自身が率先して仕事をやるような会社になるのです。

 

 

 

 

このような会社になると、ノルマという文字は消えてなくなるのです・・・

 

 

 

社員には自分でも気が付かない潜在能力があります。

 

 

この潜在能力を引き出すのが経営陣の仕事です。

 

 

「こんな大仕事自分に出来るかな?」と疑心暗鬼になっていた本人も1年後には「もっと責任が重い仕事も出来る!」と鼻息が荒くなります。

 

 

これが、自分でも気づかない潜在能力です。

 

 

決まった仕事を社員に依頼するのではなく、自分の仕事は自身で決めさせる!

 

 

会社からのノルマではなく、自身が決めたノルマなら達成できる確率が格段に高まります。

 

 

だって、自分が決めたノルマを達成できなければ、翌年の給料は下がってしまいますから・・・