本物しか残れない時代

2019.04.20

あの吉野家も赤字になる時代に突入しています。

 

 

安い!早い!旨い!の3点に集中し多店舗展開していたガリバー企業も存続の危機に直面しています。

 

 

なぜこのような会社が存続の危機になるのでしょうか?

 

 

答えは、消費者のニーズの変化です。

 

 

 

消費者は安ければ安い方が良いに決まっていますが

 

「何もそこまで安くなくても・・・」

 

「早い方がいいけど、そんなに早くなくても」

 

「うまいのは当たり前の時代だよね・・・」

 

といった具合なのかもしれません。

 

今の時代にマッチしているのは、健康的な食事である事は間違いありません。

 

 

全世界の人達に共通する事は、生きる事であり健康である事です。

 

 

もしも健康で長生きできる食事があるならば、安くなくても、早くなくても、それ程旨くなくても選択するかもしれません。

 

 

これから少子高齢化を迎える日本ですが、健康が食のテーマになると予想しています。

 

 

 

私の好物のホルモン焼きです。

 

 

ハイボール+ホルモン焼き=最高の幸せフード・・・という方程式が私の中にあります。

 

 

健康的な食事とは程遠いのですが、こうした食事もたまには良いのかもしれません・・・