チークの床材

2018.07.12

チークとは、東南アジア原産の最高級木材として、昔から高級家具やクイーンエリザベス号やタイタニック号などの豪華客船やクルーザーの甲板で使用されてきました。油分が高く、塩水や水、腐食にも非常に強いためです。

今では、チーク材の違法伐採の増加のため、政府が管理しており、非常に入手困難で価格が高騰している材料です。

当社では独自のルートと仕入れ業者さんの努力により、薄利でお客様に提供させて頂いております。

また、インドネシアで適切に管理、生産した環境へ配慮した材料のみを使用しております。

木目が美しく、スリッパを脱いで歩いてみると、オークに比べ柔らかく感じる事が出来ます。

耐久性も高く、経年変化によりゴールドに見えてくる「木の王様」です。

当社では、幅が120mmまたは150mmの幅広を提供させて頂いております。

乱尺に張る事で家具を配置した時に床板同士のジョイントが見えてくるため、1820mmの一枚ものを張るより高級感を演出出来ます。

個人的に好きな施工方法です。

 

現在、オープンハウスのお宅もチーク幅広の乱尺貼りを施工させて頂いております。

木目の美しさ、質感が体験できます。

好評のため土曜日、日曜日は予約を多く受けておりますので、お早めにご連絡をお願いいたします。

当日の対応が困難となります。アプリ、メール、電話にて受け付けを行っております。

宜しくお願い致します。

 

asano