大屋根の家=オカケン

2018.12.3

来年度の太陽光売電価格が下った事により、来年度建築予定のお客様から、外観を大屋根で希望される方が増えてきました。

以前お客様から、「オカケンと他社でも迷っていた中、たまたま通りかかったところにオカケンの大屋根の家が目に付いて、やっぱりオカケンの家っていいな!と思って決断しました。」と嬉しいお言葉を頂きました。

大屋根の家=オカケンというイメージが定着しているようです。

ここ数年は片流れの家をプランする事多かったので、これを機会に大屋根の家の人気が復活してきて、嬉しいです。

 

 

定番の大屋根ですが、このように外壁の米杉をこげ茶で塗装すると重厚感のある大屋根の家になります。

太陽光を載せないので、東西方向に流れる大屋根のスタイルも、ご要望に増えてきました。

広いカバードポーチを南面に取付れば、家族でBBQを楽しんだり、天気のいい日はコーヒーを飲んだりするスペースとして、最高の場所になります。

 

Arai