プランを考える

2018.09.3

私は、お客様の間取りを考える設計業務も担当しています。
お客様に作成して頂いたマイホームのイメージ写真集を元にプランしていきますが、それを何回も熟読し、頭の中にイメージしていきます。

ここ最近多いな~と思ったご要望は、
・キッチンで使用する家電をパントリーにしまいたい。
・2Fに室内干しをしたいが、リビングから見えない位置にしたい。
・実験棟のようにしたい。
です。

キッチンで使用する家電は、今は色々便利な家電があり、住み始めるとどんどん増えていくので、広々としたパントリーにしまえると、生活感もあまり出さずに、すっきりとしたキッチンになりますね。

室内物干しスペースは、2Fの吹抜けに設置するパターンが多いですが、毎日室内干しすると、リビングから丸見えになるのは、ちょっと気になりますよね。

今は共働き家庭が増えているので、家事の時間短縮の為に便利な家電を購入したり、夜洗濯して室内干しにするパターンが増えているからだと思います。

実験棟の間取りはどんな要望にもあてはめる事ができるプランになっている為、特に宿泊体験をされたお客様は実験棟のあの感じが使いやすい!と好評を頂いております。
和室が必要なければ、その部屋をユーティリティーとしてウォークインクローゼットと室内物干しスペースに変更したり、書斎が必要なければ、広々とした玄関収納に変更したり、キッチン~洗面脱衣室へと回遊できる間取りに変更したり、色々なパターンができます。
この夏の宿泊体験はすべてご予約済みとなってしまいましたが、ご予約頂ければ実験棟はいつでも見学できます。
実験棟内のエアコン一台で快適な温度を体感して頂けるだけでなく、間取りに悩まれている方も、とても参考になるプランになっておりますので、気になる方は、是非一度お越し下さい。

Arai