プラン前の現地調査

2019.03.25

間取りプランをする物件の現地調査に行ってきました。

今回は既存の住宅を残したまま分筆をして隣に新築する予定なので、敷地や既存建物の外周を全て計測してきました。

現地ではどのくらいの大きさが建てられるか、隣地との離れはどのくらいになるか確認し、日当たり、プライバシーの確保を考慮して間取りを考えていきます。

また、窓位置の検討もしていきます。

隣地との離れがあまりなければ、高窓を設置したり、風が通り抜けしやすいように窓の配置を決めたり、現地の場所をイメージしながらプランしていきます。

プラン前の現地調査は間取りを考える上で大事な調査になります。

 

プランをヒアリングしてから図面のご提示まで2週間頂いています。

間取りの打ち合わせは家造りを始めるスタートラインになるので、お客様が今後の打ち合わせもワクワクできるような、ご納得頂けるプランがご提示できるよう、プランを考える時は時間をかけてじっくり取り組んでいます。

 

Arai