シロアリから守る仕上げが綺麗な基礎

2018.08.2

当社では、基礎の一体打ちを採用しております。

「基礎の一体打ちとは?」基礎の耐圧盤と立ち上がり部を同時に施工する工法です。

メリットとしては、同時に施工することで、耐圧盤と立ち上がりに継ぎ目が発生せず、気密性、耐震性に優れ、湿気や雨水、シロアリの侵入を防ぎます。

立ち上がり部をコンクリートを流し込んでいき、立ち上がり部を打ったら、底の耐圧盤のコンクリートを打っていきます。

 

 

 

コンクリート圧で枠がはらまないように、糸を見ながら枠を調整していきます。(職人さんの人数が必要です)

 

継ぎ目の無い基礎の方が湿気や雨水、シロアリの侵入や強度を考えれば建築屋さんは分かっていますが、特殊な技術、職人さんの人数が必要、特殊な金物を使った手間の掛かった枠組み・・・

なかなか採用されない工法のようです。

 

 

外周部一面一体なので、左官仕上げは不要で綺麗な仕上がりになります。

asano