薪ストーブは必要か?

2019.02.16

私は3年前に自宅を建てました。

10年前に入社した時は、事務所のアメリカンな家に憧れて「いつかはこんな家を建てるぞ!」と意気込んでおりました。

しかし、私が建てた家は太陽光発電システムを20kw搭載した片流れの家でした。

太陽光パネルを屋根面に目一杯載せたことで薪ストーブの煙突を出す場所がありませんでした。

仮に太陽光パネルを減らして煙突を設置する事も可能でしたが、煙突が他の太陽光パネルへ影を落とし、減らしたパネル分以上に発電に影響が出てしまう為、やはり諦めざるを得ない状況でした。

3年間過ごしてみて、生活する上では全く薪ストーブが無くても問題ないことが分かりました。

薪ストーブを設置しているお客様とも話をする機会がありますが、当社の家で薪ストーブを焚くとすごく暑くなって冬場に窓を開けることもあるそうです。奥様に「もう薪を入れないで」と注意されるとか。

薪ストーブの最大の問題は薪の調達にあるのではないでしょうか。会社で出る端材を自由に持って帰ってOKなのですが、やはり建築端材を燃やすのと原木の薪を燃やすのでは雰囲気が異なります。

比較的こだわりの強い方が薪ストーブを設置しますので、ちゃんとした薪を燃やしたくなる様です。

そうなると、どこかで薪を調達する必要があります。当然、薪を購入する事も可能ですが、購入すると非常に高価な暖房器具になってしまいます。(ホームセンターなどでは一束800円前後、2日で終わります。軽トラ1台分で購入すると数万円となります。)

では、どこかで薪をもらってきて家で自ら薪割をし、労力を掛けて薪を手に入れる方法がベストのような気がします。

1万円程度でパネルヒーターが買える事を考えると、とても労力が掛かる暖房器具と言えるでしょう。

 

では、「もし次に家を建てたら薪ストーブを入れないのですね?」と聞かれると答えは「ノー」です。

絶対入れます!

なぜなら、私は夜な夜な薄暗い部屋で揺らめく炎を眺めながらロッキングチェアーに座りロックグラスに注がれたウィスキーを飲むのが夢だからです。

最後に

薪ストーブはオカケンの造る家には必要ありませんが、人によっては必要とする人もいます。

もし、将来的に入れる可能性がある場合は最初のプラン時に設置できるような間取りにしておき、煙突だけでも付けておくと良いでしょう。

私にとって薪ストーブは薪を確保する労力を差し引いても入れる価値がある嗜好品なのかもしれません。

tanaka

 

魚焼きグリル

2019.02.15

皆さんは魚焼きグリルの焼き加減に満足していますでしょうか。

オール電化の新築物件では基本「三菱 CS-KG32MWS」のIHヒーターを設置します。

こちらの製品のグリルは水無し両面自動焼きグリルを搭載しており、メニューから「姿焼き」「干物・切り身」で選択すれば裏返す事なく、焼き時間は自動です。

 

自宅で使用しているIHヒーターは↑とは違う製品なのですが、あまり焼き色が付かず中まで焼けているかどうか不安→焼き時間延長→パサパサ→美味しさ半減。

と、納得のいく焼き方にたどり着けませんでした。

そこで、思い切ってフライパンにアルミホイルを敷いて焼いてみたところ、「これだ!」と納得。

久しぶりに美味しく焼き魚をいただけました。

 

フライパン魚焼き、オススメです!なんと言っても手入れが楽ですね。

必ず何かを敷いた上で焼くので、フライパンも思っているほど汚れません。

 

焼く魚によって敷く物を変えています。

くっつきにくい干物や西京焼きなど、味が付いている魚はオーブンシート。

サンマやブリなどの生の魚からの塩焼きはくっつかないアルミホイル。

普通のアルミホイルではくっついてしまい、皮がベロン~となってしまう事もあり、見た目の美味しさゼロです。

ぜひお試しください。

 

E.Hayashi

3月中旬からオープンハウスを開催します。

2019.02.14

3月中旬から高崎市足門町でオープンハウスを開催します。

外部はジョリパットの仕上げが終わり、縦樋とテレビアンテナ取付になります。

外部のクリーニング後、外部の最終チェック後足場解体となります。

足場解体後、南側のタイルデッキの施工と外部給排水工事と進んで行きます。

内部は、内装工事が終わり、照明器具と住設器具取付の最中です。

玄関は北側に設置しました。

高さ約5メートルを超える吹き抜けには、明り取りのサッシを取付し、明るく開放的な玄関となっています。

今回初採用のパナソニック社製の室内建具です。

開き戸が静かに閉まるソフトモーション機能が付いた商品です。

 

 

オープンハウスの詳細が分かり次第改めて告知させて頂きます。

パナソニック建具

2019.02.13

先日、現場の仕上げチェックをしている際に面白い商品がありましたので、紹介いたします。

パナソニックの建具「ベリティス クラフトレーベル」という商品です。

この商品は、8柄の扉から選んで頂き、ガラス(7種類)、ドアノブ(17デザインの37種類)から扉をカスタムできます。

その中でも、今回採用したワイルドオーク柄は、塗装対応になっております。

色味を少し濃くする為にオイル塗装で仕上げました。

 

 

二階の子供部屋の建具も塗装が可能なワイルドオーク柄を採用しました。

 

 

オプションでルームプレートも付けられるので、仕上げにあったカスタムで注文ができます。

さらに、後から塗装をしても、木目柄が残るのが面白いと思いました。

 

 

 

仕上げのチェックをし、補修ヵ所を業者さんが手直しをし、担当者と社長のチェックで合格がでたら、お引渡となります。

 

 

yanase

 

 

上棟しました!

2019.02.12

131日 金古町の現場で無事上棟しました!

当日の雪予報を心配しておりましたが、大工さん達の素晴らしいチームワークにより、お昼過ぎには棟が上がり、夕方には屋根の野地板とルーフィングまで仕上がりました。これで雨がかりの心配もなくなります。

上空には雪雲が!?

 

 

 基礎だけだと小さく感じてしまいがちですが、柱が立ち建物が立体となるとサイズ感がつかめて、さらに屋根が仕上がるとむしろ大きく感じます。キッチン、リビングダイニングは全面南に面した大空間となります!

こちらのお宅はキャットウォークや猫ステップを取り入れた、猫ちゃんと住む家がコンセプトです。

今週現場では、お客さまと電気屋さんと担当者で照明やコンセント位置の最終確認を実際に現場の中で行う、「現場打ち合わせ」が行われます。

ゴールデンウィーク近くにはオープンハウスも予定しております。

 

☝2/11~ 貝沢町にてオープンハウス始まりました!!

まだまだ寒いから、オカケンホームの暖かさをぜひ実感してみてください。

詳しくはコチラをクリック

 

 

 

Hoshino

 

間取りプラン

2019.02.11

家の打ち合わせをする時に、まずは間取りのプランからさせて頂きます。

お客様には事前にどんなお家にしたいか、資料を作成して頂いています。

その資料は、お客様の家族構成、趣味、家に取り込みたい部屋、外観のイメージ等・・・色々書き込んでイメージ写真も貼り付けて頂いています。

それを元にお打合せでヒアリングさせて頂き、その後プラン作成に入ります。

プランを作成するのは、女性スタッフです。

プラン作成後、担当の男性スタッフとプランの検討をします。

そして、最終的に会長によるプランチェックを受けます。

こうして性別・世代が異なる3人の意見を元に反映したプランが出来上がるので、女性として使いやすい動線になっているか、男性目線で抑えておきたいポイントが入っているか、子供が巣立った時にも使いやすい間取りになっているか等、色々な視点から考えられたプランが完成します。

プランの打ち合わせは1回で終わることもあれば、プランの変更をして数回打ち合わせする事もあります。

変更があるとお客様から「何回もすみません・・・」と言われる事がありますが、そんな事は全然気にしないで今お持ちのご要望をどんどんぶつけて頂き、後悔のないプランを作りたいと思っています。

 

 

Arai

 

土地探し

2019.02.9

当社に来ていただくお客様の約半数が土地をお持ちでない方です。

「土地も探して頂けるのですか?」と聞かれることがありますが、そんな時は信用のおける不動産業者さんをご紹介させて頂きます。

そして、ご要望をお聞きした上でいくつかの土地をピックアップしご提案いたします。

中にはまだ水面下で動いていてネット上に公表されていないような物件も出てくるケースがあります。

そして、何より当社の担当者が実際に土地を見に行き、お客様が希望している家が建てられるかをしっかり確認します。

プロの目で予め見ておく事でその土地に掛かる費用などが把握できるメリットもあります。

例えば、電柱の位置や水道の給排水、高低差、道路状況(交通量など)周囲の状況などなどです。

そして、総合的に判断して本当におすすめ出来るか否かをはっきりお伝えします。

長い間お客様が住む場所ですので真剣に厳しく判断してアドバイスをさせて頂きます。

土地は不動産屋さんから買うのが当たり前ですが、実は建築屋さんと一緒に探すのがベストではないかと私は考えます。

お気軽にご相談ください。

 

tanaka

 

つっぱり棒

2019.02.8

皆さん、つっぱり棒はどこで購入されますか?

100均で購入される方も多いと思いますが、使用していると落ちたり、ズレたり、フィットしなかったり、ストレス溜まりませんか?

 

新築時にオカケンで目隠しガーゼカーテンを取付けた箇所はしっかりと固定できているので、先日オカケンでお願いしているカーテン屋さんのリオさんに聞いてみました。

「100均の物とは内部部品の構造が違うんですよ!」との事です。

ガチガチにフィットさせようと100均のつっぱり棒をクルクル回していっても、今度は内部部品がその力に耐えられず、棒の方が曲がってしまうそうです。

 

使い勝手の良い物はやはり違うのですね!

当たり前ですが、お値段も違います。

しかし、早々に替える物でもないので、しっかりとした物を使用した方が余計なストレスがなく快適なのではないでしょうか。

オカケン打合せルームの目隠しカーテンです。

頻繁に開け閉めはしないのですが、一度も落ちたりしたことはありません。

 

【告知】

2/11よりオープンハウスが始まります!

目隠しガーゼ+つっぱり棒の箇所もございますので、実際にご覧ください。

詳細はコチラをクリック

 

E.Hayashi

お引き渡しへ向けて

2019.02.7

昨年9月下旬に着工した藤岡市の現場ですが、ほぼ全ての工程が完了となり、各職人さん達の自主検査が終わり、現場担当者検査となりました。

クロスのヨレや汚れ、傷はあるか?

床の汚れや傷はどうか?

塗装のムラ、塗り忘れはどうか?

角が危なくないか?

扉の速さや動きはどうか?

家全体の換気量は適切か?

など数十項目以上を検査していきます。

同時に検査機関の完了検査も行われます。

職人さん達の自主検査、各職人さん達の手直し→担当者の検査、手直し→社内検査、手直し→お客様検査、手直しを終了後、無事お引き渡しとなります。

お引き渡しへ向けて各検査が待っています。

 

 

 

 

着工中の屋根裏の紹介

2019.02.6

当社では、屋根裏にセルロースファイバーという断熱材を300mm施工しております。

屋根(野地)の裏面には、遮熱シートを張り、夏場の熱を伝わりにくくしております。

断熱材や遮熱シートがどの様に施工され、施工後どの様になっているか気になると思います。

先日、着工中の屋根裏の写真を撮ってきましたので、ご紹介いたします。

↑セルロースファイバー断熱の施工後です。

一面白くなっているのが断熱材です。

業者さんが屋根裏にもぐり、特殊な機械で施工していきます。

 

↑この様に柱にメモリを張り、しっかり300mm施工していきます。

 

↑こちらは、屋根裏を点検する際に出入りする、点検口です。

 

↑点検口の部分が断熱欠損にならない様に、箱内にもセルロースファイバー断熱が施工されております。

点検口にこの箱をはめこみ、蓋をして仕上げております。

 

↑遮熱シートです。

熱を遮熱シートで伝わりにくくし、暖かい空気が上昇し棟部分から出ていく仕組みになっております。

 

仕上がってしまえば見えない部分ですが、しっかり施工をし、こだわっております。

 

私の趣味の話ですが、お付き合いください。

見えない所と言えば、エンジンの内部は普段は観る事ができません。

 

↑バイクのエンジンオイルが溜まる部分の内部の写真です。

 

↑綺麗にした写真です。

 

普段見れない内部が見えると、「こんなに汚れているの?」とオイル交換の大切さが分かり、オイルがどの位汚れるのかイメージがわきやすくなります。

 

 

住宅にも、見えない部分ですが、大切な部分が沢山有ります。

 

 

 

yanase