えっ!外注なの?

2018.09.15

先日、たまたま地元の設計士さんと一緒に話をする機会があり、仕事の事を色々聞いておりました。

その設計士さんはハウスメーカーや大手の工務店のスタッフの名刺も数社持っており、そこで働いているかのようにお客様の担当をしているそうです。

担当する内容は敷地調査、プラン作成、積算、仕様決めだそうです。

また、担当する物件は年間で100棟を超えているそうです。

正直、その数の多さに驚きました。

なんで、そんなに出来るのかと思い細かく聞いてみました。

プランは基本的にはフリーなのですが、以前やった物件の図面なども流用しているそうで、積算は図面を書くと自動で出てくるそうです。また仕様決めについては決まったカタログから提案するので、1回3時間の打合せを掛かっても4回以内ですべての仕様が決まるそうです。

会社からしてみると仕事の依頼があったら、その設計士さんにお願いすれば現場の管理だけやっていれば全自動で引き渡しできますのでとても良いシステムなのかもしれません。

しかし、それで本当に要望通りの良い家が出来るのかと不安に感じてしまいます。

お客様の中には家なんて安くても住めればいい!打合せなんてなるべく時間を掛けたくない!という方もいらっしゃると思います。そういった方には向いているのかもしれません。

当社では初めてお会いした時から当社のスタッフが一貫して対応しております。

打合せ回数も少なくはありませんが、出来る限りお客様のご要望を聞き、提案したいと考えております。

家は一生に1度か2度の大きな買い物です。

余裕を持って納得のいく家造りをお勧めしたいと思います。

tanaka