しっかりとした構造体

2019.06.3

先日お客様と現場で打ち合わせしている時に、お褒めのお言葉を頂きました。

お客様のご自宅は上棟して3週間ほど経ちますが、今回建替えなので、ご近所さんもよく現場を見に来てくださるそうです。

ご近所の方が、「こんなにも柱が入っているんだ!しっかりとした建物だね~。」と言って下さったそうです。

お客様も以前は建売りをご購入されたそうで、その時は引っ越してから手抜き工事がわかったりと、大変な思いをされたそうです。

「今回の新築は大工さんが丁寧に仕上げて下さり、しっかりとした構造体になっているので、安心します。」と言って下さりました。

普段はお客様にご提示する事はないのですが、1物件事に壁量計算をし、基準よりも多く筋交いを入れています。

家が仕上がってしまうと隠れてしまう構造体ですが、見えない所だからこそ丁寧に工事をし、地震にも耐えられる頑丈な建物になっていきます。

 

家造りを始める時は、完成した家を見てどこのメーカーで建てようかな・・・と検討されると思います。

メーカーによって柱の太さや耐力壁の仕様が異なったりするので、工事途中の現場をいくつか見て検討するのも、どのメーカーで建てるか一つの決め手になるかもしれません。

 

 

Arai