キッチン排水のトラブル

2018.11.28

排水の流れが悪い時の大体の原因は詰まりです。

詰まりにも種類があります。

詰まる物を流してしまった場合と、長年の汚れが蓄積し詰まる場合があります。

今回は、長年の蓄積によるつまりの対処方法を紹介いたします。

 

 

排水の穴をタオルなどで蓋をします。その後50℃~60℃のお湯をシンクの半分以上ためます。

 

 

タオルを取り一気にお湯を排水します。

2~3回ほど繰り返し、排水量が変わらない場合は、蓄積量が多く汚れが取れない場合です。

 

汚れがひどい場合は、排水トラップ(大きい赤丸)にヘドロ状に詰まっている場合がほとんどです。

バケツとタオルを用意し、トラップを外してください。(キッチンメーカーなどによりトラップの外し方は異なります)

 

小さい赤丸のビス類を外すと、排水とのジョイントが見えます。

 

 

 

その後に、大きい赤丸を外し、トラップとジャバラパイプを掃除します。

汚れを除去し元に戻したら、最初に紹介した方法でお湯を流します。

 

 

キッチンは油汚れなどを扱うので、汚れが蓄積しやすく詰まる場合があります。

パイプの汚れを落とす薬品などありますが、詰まってからでは効果がほとんどありません。

詰まる前に、シンクにお湯をため、一気に流す方法をし、詰まり対策をする事をオススメします。

 

この方法でもつまりが取れない場合もあります。その際は担当者にご連絡をして下さい。

 

洗面所も同様です。私の自宅のお話ですが、髪の毛と二重テープがごっぞり詰まっていました。(ビックリ!)

小さい物でも詰まってしまう事を実感しました。

 

yanase