カーテン

2018.10.9

いつも当社の内装を魅力的にしてくれているカーテンの紹介です。

↑打ち合わせルームのカーテン、模様替えしました。

ガーゼとはちょっと違うイメージ。レトロ感あるレースカーテンです。

カーテンは閉めると広い面積を占めるのでイメージがガラッと変わります。

 

↑こんなハトメ金具を使った男前スタイルなカーテンも製作可能です。

生地は帆布(ハンプ)。ざっくりとした厚めの生地と、特殊加工でヴィンテージ感を出してます。透けづらく遮光性の高い素材なので、目隠しや日除け効果あり。 アイアンのカーテンレールと相性抜群です!

 

↑当社では定番のガーゼカーテンです。光が入ってきて、風が優しく感じられます。

当社で造る家のスタイル同様に、年月が経っても飽きない、使うほどに愛着の湧くカーテンです。

 

 

麻布、デニム地、帆布生地、ガーゼ、この生地でカーテン作ってくださいや、今使用しているカーテンをお直しして仕立てることも可能です。

↑子ども部屋に使用した、シーチング生地のカーテンです。

 

洋服の型紙などに使われるシーチング生地。

生地の番手(生地の番手とは、糸の太さを表す単位です)にもこだわり選定されたこの生地は、風合い、適度なコシ、肌触りはもちろん、色が豊富なので、こんな風に色を切り替えてカーテンを作ることも可能です。

パリッとアイロンをかけたシャツとジャケットではなくて、Tシャツとデニムが似合うような、休日のリラックス感漂う雰囲気のカーテンです。お部屋のイメージに合わせてバリエーションが広がりますね。

 

カーテン屋さんが、『カーテンは光が入ってきて、目線が遮れて、風が優しく感じられる。それだけでいい。たとえば、友達の家に行って帰ってきたら、どんなカーテンだったかは思い出せないけど、気持ちのよい空間だったと印象づけるような、そんな存在であることが理想です・・・』 と話してくれました。

 

Hoshino