入社して

2018.09.27

2012年10月にokakenへ入社しました。10月で丸6年になり、7年目を迎えようとしています。

okakenに入社する前は、内装業の現場監督を約3年半していました。

その時は、会社勤めのサラリーマンだったのですが、仕事が辛いもので、お金が入るために仕事を仕方なく続けている。生活の為に仕事をしている。会社に行くのがものすごく辛いものでした。

その後、内装業の仕事を辞め、スチールサッシや自動ドアの取付などをする鋼製建具業の職人を約4年間していました。

サラリーマンと違い、会社があるわけではないので、信用が無い、顧客もいない、どうやって道を進んで良いのか分からない。そんな状況でした。

毎日朝起きてもやることがない、仕事が無い事もありました。

月○万円を稼ぐことの難しさは、サラリーマン時代には味わう事が出来ない経験が出来たかと今となれば良かったかと思います。

仕事に対して、モヤモヤを常に持ちながら、内装業の現場監督時代の上司である田中さんへ何度も相談にのってもらっていました。

6年前の8月の夜に、田中さんから「もう一度一緒に仕事しないか?」と話を頂き、即答で「お願いします!」と言ったのがつい最近の様に思われます。

職人さんだった時代と違い、朝起きたら、働ける場所があり、仕事が沢山あり、思う存分働く事が出来ます。

そして働けることは、お客様や協力業者さん、上司、同僚、友人や家族、周囲の方の手助けがあるお陰です。

10月から7年目

asano