クリーニングをしながらチェック

2018.12.19

当社では、引き渡し前のチェックを念入りに行います。

念入りとは、どの位?と疑問に感じると思います。

まずは、大工さんが養生を剥がし、業者さんのチェックと直しを行います。

その後、クリーニング屋さんが入り、オカケンスタッフがチェックします。

傷がないか、おかしな納まりが無いか、図面の通りに施工されているか、など細かく見ます。

どの位、細かく見るかと言いますと。

クリーニング屋さんに負けない気持ちで掃除をしながら、チェックをします。

 

引出は、全て取外しパーツがしっかり付いているか、ホコリがないか。

無垢以外の床は、全て手で水拭きします。

クロスは手で触り、キズがないか、ジョイントが目立つところがないか。

ユニットバスの点検口裏は汚れていないか、隅々までチェックします。

 

オカケンチェックが終わり、業者さんに手直しをしてもらいます。

その後、担当者がチェックを行い、最終で社長チェックでOKがでたら、お引渡しとなります。

 

 

目で見るだけではなく、手で触りながら拭き掃除をしチェックをしていると、いつの間にかピカピカになり、細かなチェックが行えます。

 

 

チェックがスムーズに出来るように綺麗にして下さる、クリーニング屋さん。

チェック後に手直しをして下さる、業者の皆さまのお蔭で、最高な状態でお引渡しが出来る事に感謝です。

 

 

yanase