カバードポーチのある家

2018.11.27

先日、完成写真撮影へ行ってきたお宅のフォトクリップがUPされました。

ぜひ、ご覧ください。

 

 

『カバードポーチのある家』

片流れスタイルの外観に太陽光発電を搭載しました。

外観はすべて米杉張りです。

ご主人の趣味はサーフィンとバイク。

サーフボードの手入れも可能なカバードポーチを取り入れ、大きな吹抜けにはシーリングファン。

内装の一部には、ホワイトペイントのベベルサイディングを張りました。床材は裸足で歩きたくなる波々のハンドスクレイプ材を選定し、ご夫婦が大好きな海を感じる要素を多用しました。

『カバードポーチ』

ご存知でしょうか?

サーフハウスやビーチハウスの象徴でもある、カバードポーチ。

アメリカンな洋画に出てくる、主に、玄関や庭にある屋根付きの大きめなウッドデッキのことです。

サーフボードの手入れをしたり、子供の遊び場、おやつを食べたり、バーベキューにも大活躍。

日差しを避けて多用途に使用できます。リビングと庭とをつなげて気軽に行ったり来たりできるのもメリットです。

どんな使い方をしてくださるのか、ご報告が楽しみです!

 

 

Hoshino