共同製作品の完成

2018.10.31

先日、べベルサイディングを施工する時に使用する、クギの試作品が完成しました。

このクギは、べベルサイディングの仕入れをお願いしている会社様との共同オリジナル品です。

現在使っている、クギも普通のクギではありません。

当社で使っているクギは、ステンレス製のスクリュー釘の塗装品です。

 

 

まずは、このクギの特徴を説明致します。
ステンレス製のクギを使用する理由は、錆びにくい素材だからです。
スクリュー クギは、クギを打ち込む時に回転しながら打ち込まれていきます。回転する事でまっすぐ抜けなくなり、普通のクギより抜けにくくなります。
ステンレス製なのに、塗装をする理由は、塗装する事で表面に塗膜がつきクギが滑りにくくなる事で摩擦がうまれ、抜けにくくなります。

しかし、べベルサイディングも無垢材なので、中には反りが強い物があります。

反りの力に負けてしまい抜けてしまうクギがあります。

↓その様な事態を改善する為に、こちらが今回、作成した新しいクギです。

 

今回作成したクギの特徴を説明致します。
・ステンレス製で錆びにくい。
・スクリューの種類を変更し、返しが強いタイプにし、二段階のスクリューにしました。二段階にする事で、べベルと下地に別の力が加わり更に抜けにくくなります。
・先端に返しを付けました。釣り針の返しの原理です。釣り針も刺さった後に魚が暴れても抜けない様に、返しが付いています。
・クギの頭の裏を六角形にしました。べベルの反りで回転しながら抜けた時に、裏側の六角形が摩擦する様になっております。

 

 

始まりは、べベルサイディングのクギが抜けてしまう事があるんですよ、、、と相談したことから、共同製作する事になりました。

恐らく、この様な相談で新しいクギを作りましょう!!と言って下さる会社様は全国でも少ないと思います。

両者で意見を出し合い、このクギが完成しました。

クギ1本にもこだわる!1現場で何百本、何千本と使うクギですが進化を求めております。

 

 

yanase

 

アプリ更新しました

2018.10.30

アプリの住み心地アンケートを更新しました。

オカケンホームのアプリでは、スタッフが定期点検へ伺ったお宅で記入して頂いている「住み心地アンケート」をUPしています。

※ アプリ限定です!

お客様が実際に住み初めてからのアンケートですので、これからお家を建てようと思っている方にもとても参考になると思います。

 

今回は、前橋市のK様邸へ6ヶ月点検に行ってきた様子をアプリへUPしました。

月ごとの電気代や、点検の様子、生活の様子など ぜひご覧になってください。

 

↑山登りや乗馬などが趣味のご夫婦。室内のイメージも山小屋風です。

 

↑ペンダント照明のケーブルについているコロンとしたもの、分かりますか?

こちら、ご主人お手製のケーブルの長さを調節できるアジャスターなんです!

ちょっと不安定にみえますが、上下から引っ張られているからバランスもOK。

木の素材感満載のアイデア商品の完成度にスタッフもびっくりでした!

 

 

Hoshino

 

木目調サッシを採用した現場

2018.10.29

10月23日に上棟した現場で、電気配線と棚図の現場打ち合わせをしました。

 

図面上だと気付かない納まりに、大工さんや電気屋さんが色々と気付いて下さり、お客様とその場で仕様の再確認をしました。

今回も、大工さんには使い勝手でアドバイス頂いたり、電気屋さんには、大屋根の大きい吹抜けがあるお家なので、図面上でみると明るさが心配な所を、現場で一緒に確認して頂きました。

 

今回のお家は大屋根タイプで、正面から見ると平屋に見える2階建てのお家になります。

 

 

サッシは今回初めて採用した木目調のサッシを南面に取付し、他はブラウン色のサッシになります。

 

オカケン定番の大屋根ですが、外壁はジョリパットがメインで一部シダーシェイクを施工します。

サッシ色もいつものホワイト色ではないので、またひと味違った大屋根のお家になります。

内装もルナファザーを採用し、お客様のこだわりがたくさん詰まった仕様になります。

オープンハウスを冬に予定していますので、お楽しみに!!

 

Arai

 

 

 

大満足

2018.10.27

先日6ヶ月点検に行って来ました。

 

こちらのお宅は20kwの太陽光発電システムが載ったタイプですが、まだ連携がされていませんでした。

電力負担金も数ヶ月前にお支払いしてあるとの事で、そろそろ連携して売電が始まるようです。

 

当社で契約する際に太陽光発電システムを20kwも載せて、もし売電がされなかったらどうしよう!騙されていたらどうしよう!などと考えていたそうです。

しかし、オカケンの家に半年住んでみて、「太陽光がもし売電されなくても別に良いかもと思っています」と言っていました。

数百万円投資しましたが、もし詐欺だったとしてもオカケンの家の住み心地やデザインに満足しているので、構わないです。とのことでした。

そこまで満足してもらえてるのだと、ビックリしました。

もちろん、もう少しで売電が始まり、それに伴い売電収入が得られます。

もし現状でローン返済が出来ていてもプラスアルファ毎月数万円が振り込まれそれが20年間続くとしたらとても助かりますね!

それこそ大満足ではないでしょうか。

太陽光の売電価格は年々下がり続け、再来年度には20年固定買取制度が終了すると言われております。

来年度が最後の年となりますが現在では、まだお客様に大型の太陽光を載せるメリットがあるか慎重に業者様と打合せを繰り返しております。

tanaka

 

ROOM ESSENCE新商品

2018.10.26

お客様より、価格、デザイン共にご好評いただいております『ROOM ESSENCE』より新商品のご案内です。

 

今回ご紹介する商品は、アウトドアアイテムとして発売されてる「QUICK SERIES」です。

 

朝晩と気温が低くなりましたが、まだまだアウトドアにはうってつけの季節ですね。
アウトドア商品を見ているだけでワクワクしてしまうのは私だけではないはずです!
この商品のイス2点は、なんとデニム生地なんです。
お家パーティーでイスが足りない!そんな時、室内で使用しても違和感なく過ごせるのではないでしょうか。
アウトドア商品なので、畳めば小さくなり、収納場所にも困りません。
テーブルはメンテナンスしやすいように、ポリエステル生地を使用しております。

 

『ROOM ESSENCE』では、総合カタログには載っていない商品も多数ございます。
→こちらをクリック←

気になる商品がございましたら、担当者か林までお問い合せくださいませ。

 

E.Hayashi

広告塔? 知恵を絞った仕入れ

2018.10.25

当社では、北米から輸入した建材を採用しています。

原油価格の高騰やアメリカの住宅業界の好調で、その建材は値上がりし続けています。

しかし、値段の高騰し続けている材料を数年前からほとんど価格が変わらずに仕入れられています。

その理由は、15年以上前から使用し続けていた実績と年間通して安定した発注をしている事と、

また、「okakenが使っている建材を探している」という事で、他のビルダーさんから引き合いが沢山あるとの事です。

そのため当社には広告塔として、かなりの薄利で販売して頂き、群馬県のエンドユーザーさんやビルダーさんに周知していただく事で他社から適正な利益を取るようにしているようです。

建材が高騰したら、「はい。そうですか。」と建築費を上げずに、知恵を絞り価格の据え置きまたは、値下げをする様に交渉するのも大事な仕事です。

良材を安価でお客様に提供する!

これからも挑戦は続きます・・・

 

 

asano

 

古材の太柱

2018.10.24

先日、栗、ナラ、カヤ3本の古材太柱を磨き加工しました。

古材の太柱とは、古い建物などで使われていた銘木の柱の事です。

 

 

大黒柱で使われていただけあり、密度化高く、とても重たい柱です。

多少傷んでいたり、いびつな形をしておりますが、雰囲気がとても良く重厚感があり、古材があることで、一味違う空間になります。

新築住宅とテイストが合う様に、磨き加工は当社で行います。

自社で仕入れをし、仕上げる事でお客様に安価で提案できるようになります。

磨き終えた柱の写真です。

 


全体のバランスを見て、傷んでる所を残すか削り落とすかを決めます。

いびつな形を磨く時は、機械では磨けない所があり、手作業で仕上げる為、特に大変です。

 

これから、大工さんによりホゾ加工をし、建て方で柱として建てられ、最終仕上げでテイストが合う様に塗装をし、雰囲気抜群の太柱によみがえります。

この柱を使用する住宅の完成は、もう少し先のお話ですが、今から仕上がりがとても楽しみです。

 

 

yanase

 

 

 

 

写真撮影へ行ってきました

2018.10.23

お引渡し後の完成写真撮影へ行ってきました。

ようやくお引っ越しも一段落。ご夫婦の色に染まってステキにお住まいでした。
とても居心地が良く、開放感たっぷりの空間は癒し効果抜群です。

撮影はいつもお世話になっている高山カメラマン。

「THIS IS PHOTO」という名前で記念撮影はもちろん、スポーツやイベントでの撮影など幅広く活動しているプロカメラマンです。

リビングと庭をつなぐウッドデッキ。
バーベキューや、夏はお子さんとプール遊びなどが楽しめるようにウッドフェンスは少し高めに設定したので

贅沢なプライベート空間です。ご主人が貼った芝生も青々して元気に根付いていました!

撮影は15時から18時まで頂いて、夕方から夜の撮影まで行いました。

ご家族の笑顔が印象的でした ♪

仕上り写真が楽しみです!

 

 

Hoshino

 

 

大工工事終了後の現場打ち合わせ

2018.10.22

7月上旬に着工した現場で大工工事が終了したので、お客様と現場で確認の打ち合わせをしてきました。

 

内装工事が徐々に始まり、クロス施工と造作家具の取付が終わりました。

今回は大型造作家具がいくつかあり、今まで取付した事のない回転する明り取り窓を家具屋さんに作成して頂いたりと、家具屋さんの工事がたくさんあったので、事前にお客様との打ち合わせにも同行して頂いていました。

現場で設置された家具はとてもきれいに取付されていて、感動しました!

 

こちらは下駄箱です。

壁にピッタリ納まるように作成して頂き、玄関がすっきりとした空間になってます。
また、扉が170度開く丁番を採用したので、靴の出し入れがとてもしやすくなっています。

 

回転式の明り取り窓です。

これから塗装をしてガラスをはめ込みます。

明り取りだから、回転しなくてもいいのでは?と思いますが、回転させることによってホールにつけたエアコンの冷気を室内に取り込めるように、とお客様からのご提案で採用しました!

子供部屋に設置したのですが、お子様が大きくなるとなかなか部屋の扉を開けたままにしておく事は難しいかと思いますので、このような回転する窓で空調を室内に取り込めるようにしました。

 

お客様からこんな風にしたいのですが、どうでしょうか?と内装の件でご提案して頂いたり、使い勝手の件では、確かにそんな風に使えたら便利だな!とこちらも勉強になるほど、お打合せの度に学ばせて頂き、お客様には感謝しております。

ちょうど仕様決めを始めたのが半年前になるので、その時に打ち合わせした事が徐々に現場で確認する事ができるようになりました。今回初めて採用した床材の色味もとてもキレイで、養生を剥がした後の室内空間を見るのが楽しみです。

Arai

 

 

 

お引き渡しです。

2018.10.20

30Tベースの太陽光を17kw搭載したお宅がお引き渡しとなりました。

こちらのお客様は奥様が美容師さんなのですが、なんと勤務先の社長様や専務様も当社のお客様です。

外観やインテリアにも強いこだわりがあり、とても良い雰囲気のメリハリがあるお宅が完成しました。

少しだけ写真を撮りましたのでUPさせて頂きます。

 

 

リビングに入る扉です。シンプソン製の無垢ドアを水色に塗装しました。上部に明り取りを入れ解放感を出してみました。

キッチンは床をランダムなダイヤモンド型の塩ビタイルをチョイス。個性的な空間に仕上がりました。

キッチンの背面はグリーンの壁紙を貼ってみました。

三角の下がり壁もアクセントでGOODです!

玄関ホールです。奥の花柄のクロスが貼ってある部屋はちょっとしたカットスペースになっています。

今回は外壁をダークグレーにしました。あまり採用しない色ですが、個人的にこの色はとてもお勧めです!汚れも目立たず、ホワイトのサッシ、樋、破風、軒天がマッチします。

ご家族が喜んでいる姿を見て、つくづく良かったなー!と感じます。

この仕事をやっていて、この瞬間が一番やりがいを感じます!

 

おめでとうございます。今後とも末永く宜しくお願い致します。

tanaka