夏の2階

2019.06.15

これから本格的な夏を迎えますが、一般的な戸建て住宅では2階がとても暑くなると思います。

皆さまもご存じの通り、暖かい空気は上昇しますので夏季の1階と2階の温度差はすさまじいものになります。

しかし、当社ではこの温度差を軽減すべく下記の内容を取り入れてます。

・2Fの天井裏の断熱材(セルロースファイバー)を厚み300mmにしている。(一般的には100~150mm程度)

 

・小屋裏の熱い空気が効率よく抜ける様に屋根の最上部に通気口を設けている。

 

・2階の天井の上に空間(通気層)を作り、そこの熱い空気を排出できる配管を設置している。

※イメージとすると2階の上に狭い3階部分を造る事で2階の温度上昇を防いでいます。

 

・壁面もダブル断熱プラス外部と内部にダブル通気層を設けることで外壁材の熱さをシャットアウトしています。

また壁面の内断熱は調湿効果のある羊毛断熱を採用し夏季の湿気を軽減しています。

 

・太陽の高度を計算し南面開口部には直接、太陽光が室内に入らないように庇を設けています。

 

見えなくなってしまう部分でもありますが、お客様が実際に住んでみて、「やっぱりオカケンの家はすごいね!」と言って頂けることが一番だと思います。

オカケンホームの家にはこの様な秘密がたくさん隠されているのです。

tanaka