棚とフック

2019.03.27

玄関ホールに棚を2段取付とリビングにフックの取り付けをしてきましたので、ご紹介いたします。

 

 

 

 

 

フックの取り付けの紹介です。

金物はお客様支給品です。

細身の真鍮の金物にセランガンバツをアクセントに使いました。

ドライフラワーなどを作り飾る予定との事です。

 

 

 

 

 

玄関ホールに白ステイン塗装の棚板に黒のアンティーク調のアングルで棚を作りました。

思い出の物やお気に入りの物を飾る事で、更に愛着がわき、楽しい気持ちで家を出て行けると思いました!

 

インテリア一つで雰囲気が変わり、気持ちも楽しくなれるのが住宅の良い所でも難しい所でもあります。

 

 

yanase

 

オカケン公式アプリ

2019.03.26

オカケンホームの公式アプリがあるのをご存じでしょうか。

2017年9月より登場したオカケンホーム公式アプリ。

ほぼ毎日1人から2人ではありますが、じわじわと増えて現在757人の方が登録してくださっています。

 

【アプリの特徴】としては、

●公式アプリのトップページのスライドメニューから手軽にアクセスできる

・オープンハウスやイベント [告知情報]

・毎日更新している [会長日記]

・情報満載 [パンフレットの請求]

・OBのお客様のメッセージ  [Voice 住んでる人に聞いてみました]

 

●公式アプリのメインメニューからサクサク見られる

・毎日更新している [スタッフブログ]

・オープンハウスなど [イベントカレンダー]

・施工写真 [フォトクリップ]

・オカケンホームの仕様や性能について住まいの説明 [パフォーマンス]

・点検時にOBのお客様から記入いただいたアプリ限定 [住み心地アンケート]

・実験棟の宿泊アンケートや実験棟の紹介 [実験棟]

 

などサポート情報が満載です。

カレンダーからオープンハウスなどのイベントの日程がいち早く知れたり、家づくりの疑問質問があればお問い合わせからご相談も可能です。このスタッフブログもスマホから気軽にご覧いただけます。

トップページのスライド画面からは 当社と同じ工法の住宅メーカーがテレビで紹介された動画もご覧になれるようになりました。 ※You tube動画です。データ通信量等ご確認の上、ご覧ください。

 

ただ今、ホームページに合わせたデザインへ変更を検討中!

まだ、登録していない方は是非インストールしてみてください!!

 

 

 

 

Hoshino

 

 

 

プラン前の現地調査

2019.03.25

間取りプランをする物件の現地調査に行ってきました。

今回は既存の住宅を残したまま分筆をして隣に新築する予定なので、敷地や既存建物の外周を全て計測してきました。

現地ではどのくらいの大きさが建てられるか、隣地との離れはどのくらいになるか確認し、日当たり、プライバシーの確保を考慮して間取りを考えていきます。

また、窓位置の検討もしていきます。

隣地との離れがあまりなければ、高窓を設置したり、風が通り抜けしやすいように窓の配置を決めたり、現地の場所をイメージしながらプランしていきます。

プラン前の現地調査は間取りを考える上で大事な調査になります。

 

プランをヒアリングしてから図面のご提示まで2週間頂いています。

間取りの打ち合わせは家造りを始めるスタートラインになるので、お客様が今後の打ち合わせもワクワクできるような、ご納得頂けるプランがご提示できるよう、プランを考える時は時間をかけてじっくり取り組んでいます。

 

Arai

 

 

庭に土間コンクリートはいかがでしょうか。

2019.03.23

一昨日21日は春分の日ということで暦の上では春となりました。

午後から太陽が顔を出し気温も上がりました。

風もなく外にいると気持ちが良いので我が家は夕飯を外で食べる事にしました。

自宅の南側の庭は横幅10m奥行5mの敷地でその約半分がコンクリートになってます。

一般的に庭というと芝で仕上げる事が多いですが、あえて半分だけコンクリートをチョイスしました。

以前、私が担当したお客様が外構をする際に半分コンクリートにしたいと、おっしゃっていて実際にやってみたらとても良い感じだったので真似をしました。

自宅でやってみて良かった点と悪かった点をまとめてみましたので参考にしてください。

良かった点

・子供が縄跳びや自転車を乗る際に良い

・プールが早く温まる

・管理が楽です(芝刈りがない)

・道具のメンテや日曜大工の際に良い

・BBQの時に芝を傷めない

悪かった点

・汚れが気になる(花火や炭の汚れ)

・水勾配をつける為、少し土間が斜めになります

※勾配をつけないと水が溜まりヨゴレてぬるぬるします

 

総合的にみると、土間コンスペースはあった方が良いと私は考えます。

ちなみに5m×5m=25㎡ 金額はおおよそ20~23万円くらいかと思います。

※金額は敷地の状況や残土の量による

※芝にした場合5~8万円くらい

少し高いと思う方もいるかもしれませんが、芝との差額を考えると12~15万円となります。

長い間ずっと使う事を考えると、逆に安いのではないでしょうか。

という事で私が今回提案するのは「お庭にちょっとした土間コンスペースありだと思います」でした。

外構の参考にしてみてください。

 

tanaka

 

 

 

マグネットが付く壁

2019.03.22

子育て世代が多いオカケンのお客様。

幼稚園、保育園、小学校に上がるにつれて、保護者へのプリントの数はかなり多くなります。

忘れないようにするには、1日に数回は必ず触れる冷蔵庫に貼るのが定番かと思いますが、かなりゴチャつく見た目となりうーーーーーん。

しょうがないと割り切るのか、他の対策を考えるのか。

そこでご提案です。

クロスの下に隠れる下地ボードをマグネットが付くものに替えてみませんか?

黒い部分がマグネット付の下地ボードです。

クロスはお好きな物を選定できます。

キッチン周りや、ママコーナーにお手紙の定位置を決め、その一部分にこのマグネット付下地ボードを設置してみませんか。

週単位で変わる子供達の予定、画鋲よりマグネットが断然便利です!

気になる方は担当者までお問い合せ下さい。

 

E.Hayashi

高崎市寺尾町で上棟しました

2019.03.21

3月13日(水)高崎市寺尾町で上棟致しました。

 

当日は晴天でお昼頃には棟が上がりました。

 

次の日には、屋根ルーフィングが終わり、今週にはアスファルトシングル工事が終了します。

 

片流れのお宅で、北側は約9メートルを超える大迫力です。

 

こちらのお宅は、協力業者さん(塗装屋さん)のお宅です。

 

 

今週末には、お客様と照明、コンセント位置、棚や造作建具の打合せを予定しています。

 

会社の増築

2019.03.20

去年も増築をしましたが残っていたスペースも増築しました。

去年の増築は、新商品のモールテックスを一部の壁と床に使用しました。

モールテックスは水に強く、キズが付きにくい商品です。

実際に使用してみて傷の様子はどうだったかというと、、、

ローラーの椅子で毎日コロコロしていますが、大きな傷はついていません。

どちらかと言えば、無傷に近い状態です。

 

 

今回増築した部分についてご紹介をします。

今回のテーマは「白でシンプルな部屋」です。

1面のみべベルサイディングを白に塗り、ペーパーヤスリでシャビーに仕上げました。

 

べベルサイディングは本来外壁で使う材料です。

塗料が良く染みこみ、なじむ様に表面がザラザラしています。

室内で使うとトゲの心配がありますが、白で厚く塗り、表面をヤスリでシャビーに仕上げる事で、大きなザラザラが滑らかになります。

トゲの心配が全くなくなる訳ではありませんが、気にならない程度になります。

 

 

実際に提案する商品を会社で使う事により、お客様に直接見て、触っていただく事が出来ます。

 

これから家具等を設置して完成となります。

 

 

yanase

 

 

 

クロスの下地

2019.03.19

現在建築中の金古町の現場。

内部工事では、大工工事と電気工事が進められています。

室内壁や天井の仕上げは、クロス貼りがメイン。

クロスの下地材に使用するのは、石膏ボードです。(プラスターボードとも言います)

石膏を芯材として、その両面と側面をボード用紙で覆ったボードで、耐火、防火、遮音、断熱性能があり、室内の仕上げの下地材として使用されます。

通常の石膏ボードは薄い黄色のボードが主流ですが、当社で使用しているのはピンク色です。

 

↑ピンク色の石膏ボードです。

 

 

このピンク色の石膏ボードは「ハイクリンボード」といって通常の石膏ボードの持つ耐火・遮音・耐力はそのまま保持しながら、シックハウス症候群の主な原因物質ホルムアルデヒド等の化学物質を吸収して、さらに分解してくれる成分を持つ健康志向のボードです。

クロスを貼ってしまえば見えなってしまう部分。コストも少し上がりますが、健康で快適な住まいをみなさんへお届けするための当社のこだわりのひとつです。

 

 

 

↑ ネコちゃん用 キャットステップが取付けられました。

キャットステップ部分に石膏ボードの切れ目がない!大工さんの腕の見せどころです。

 

↑キッチンからの眺めです。今は覆ってありますが、天井部分は開放感ある大きな吹抜け。

梁の上もネコちゃんが自由に歩ける設計です。

 

 

 

 

↑外部工事はラス網が張られて、次はモルタル塗りに入ります。

 

 

Hoshino

 

オープンハウスの現場

2019.03.18

今オープンハウスをしている現場を少しご紹介します。

プランをする際にお客様からのご要望で、吹き抜けはリビング以外にしたいというご要望がありました。

なので、2Fのホールから玄関が見渡せる吹き抜けをいれました。

玄関に入ると、とても開放感があります。

北玄関だと暗くなりやすいですが、吹き抜け部分に設置した窓のおかげでとても明るくなっています。

最近のプラン要望でお客様から「暗い玄関はNGです」と言われる事が多いので、玄関上の吹き抜けはおすすめです。

 

本をたくさんお持ちとの事なので、ダイニングの壁いっぱいにオリジナルの本棚をつくりました。

お客様が何をしまうかヒアリングをし、それにあわせて細かく仕切りを入れてあります。

事前にしまう場所を決めておけば、引越しした後も収納に困りません。

 

キッチンは白を基調としていますが、パントリーから少し見えるレモン柄のクロスがアクセントになっています。

 

今回はシンプルながらも、ポイント使いの色や柄がとてもきれいに映える内装となっています。

オープンハウスは3月24日までです。

予約制となりますので、メールまたは電話 オカケンホーム 027-384-3166 までご連絡下さい。

Arai

 

朝が早い。

2019.03.16

「オカケンさんは朝が早いですね。」とよく言われます。
建築現場は8:00スタートが基本となりますので、その前には全ての段取りを済ませておく必要があります。

その為、私達はおおよそ6:30までには出社するようにしています。

また、スタッフだけでなく社長、会長も既にこの時間には会社にいて仕事をしています。

そして、毎週月曜と木曜については5:30には出社しており、社内の掃除と仕事のミーティングを率先して行っております。

現在、新築物件、戸建賃貸、アパートの改修工事、OBのお客様の補修、改修工事、外構工事などすべての工事を含めると50物件以上が常に動いていることになります。

その他にオープンハウスの段取りやHP、アプリの更新、OB宅の点検、敷地調査など沢山の仕事を少人数でこなしています。

沢山の仕事をスムースに無駄なく行う為には、朝のミーティングは必要不可欠となっております。

では仕事が終わるのは何時なのか?というと、各々が行っている仕事により異なります。

早くキリがつけば早上がりをする事もありますし、オープンハウス前などは忙しいので遅くまで作業をすることもあります。

休みは基本的に日曜祝日ですが、打合せが多いスタッフは土日出社がほとんどなので平日に休みの調整を行っております。

当社では毎朝7時から社長を含めたミーテイングがあり、それまでに出社するという決まりがありますが、それ以外には基本的には自由です。服装の決まりもありません。

年俸制という事もあり、自分で決めた目標を達成すべく自由に仕事を組み立て責任を持って行っております。

これがオカケンスタイルで醍醐味でもあります。

今年もあっという間に3月中旬です。1年の1/3が終わろうとしています。

1日1日の努力なんて大したことはありませんが、積み重ねることで大きな結果が出ることは言うまでもありません。

現状に甘んじずチャレンジ精神で駆け抜けるぞー!

tanaka