協力業者さん

2018.09.8

家を造る上で欠かせないのが、現場で実際に家を建てる職人さんです。

一言で職人さんと言っても色々な方がいます。

足場屋さん、基礎屋さん、大工さん、屋根屋さん、板金屋さん、電気屋さん、水道屋さん、左官屋さん、内装屋さん、塗装屋さん、タイル屋さん、シール屋さん、畳屋さん、サッシ屋さん、建具屋さん、カーテン屋さん、エアコン屋さん、薪ストーブ屋さん、太陽光屋さん、クリーニング屋さん、外構屋さん、植木屋さん、等々

それぞれの職人さんで行う仕事内容は違いますが、共通する事もあります。

それは、当社の家造りに携わっている職人さんは皆さん素晴らしい職人さんばかりということです。

何が素晴らしいかと言うと、お客様の気持ちになって家を造っているところです。

当たり前のように思えるかもしれませんが、実はこれが出来ている職人さんは意外と少ないかもしれません。。。

ではなぜ当社の職人さん(協力業者さん)にはこのような気持ちで仕事をして頂ける方が集まるのか。

理由は沢山あるように思えますが、まずは当然ですが、当社自身が強くそのように考えている点。

そして、その次には年に数度行う行事や集まりなどで一緒にお酒を呑み腹を割って話をしていることが上げられます。

同じ強い気持ちを持った職人さんの中にいると中途半端な人は自然といなくなり、同じ気持ちを持った者同士がどんどん集まるようになるのです。

その為、当社の仕事をして頂いている職人さんは皆、素晴らしい職人さんなのです。

当然、職人さんだけではなく携わって頂いている協力業者さんすべての方は同じ気持ちの方ばかりです。

 

今回、このようなブログを書くきっかけとなったのは、先日ある工事を担当してくれている会社の社長さんとお酒を呑む機会があったからです。

その会社さんは今まで色々な建築屋さんの仕事をしてきた経緯がありましたが、中途半端な工事や納得が行かない工事をしたくないという事ですべて辞めて現在では当社の仕事を最優先に予定を入れてくれてます。そして社長自ら必ず工事をしてくれるのです。

その方が、当社の考え方、携わる職人さんの素晴らしさについて語っていました。

あらためて客観的に自社のことを見られた事でこのブログを書こうと思いました。

お客様と直接お会いする機会が少ない協力業者さんですが、お客様の事を思って日々仕事をしてくれています。

本当に有難いことです。

オカケンの家にはこのような職人さんの熱い気持ちが入っているのです。

tanaka